墓石がまだで墓地だけ手に入れている場合

数多くあるお墓の中には、管理者が全く管理をしてくれない少々悪質とも言えるお墓もあります。
基本的には所有者自身でお墓の管理をすることとなりますが、それでもある程度管理をしてくれるお墓を選びましょう。 仏教につきましては、四十九日までに納骨をするということが慣習となります。
しかし都市部などではお墓を建てるお墓が無かったり、建墓に間に合わないこともよくあるようです。

 

もし四十九日に間に合わないようでしたら、お寺やお墓の納骨堂に遺骨を預かってもらって、お墓が完成してから納骨します。
このようなことは決して仏教の教えに反しているなんてことはなく、問題の無い方法となります。

 

墓地だけ手に入れて墓石がまだ未完成の場合は、とりあえず遺骨を納める納骨室だけ作って納骨することが出来ます。
角柱塔婆の正面に戒名、また側面や裏面に俗名と生没年月日などを予め書いておくこととなります。



- 注目サイト -

LED電光看板おすすめ
URL:http://led-pro.co.jp/effect/about.html
LED電光看板


墓石がまだで墓地だけ手に入れている場合ブログ:22 8 2017

日本語には、
「お腹」を使う表現がいろいろありますよね。

「腹を決める」(決心する)、
「腹が据わる」(度胸がある)、
「太っ腹」(度量が広い)、
「腹を切る」(責任をとって辞める)などなど‥‥

このように昔からある
「お腹」にまつわる表現を見るにつけ、
お腹は、気持ちや考え、度胸、姿勢などを左右する
大切な体質の部位だということが再確認できます。

皆様は、いかがでしょう?
気分がすっきりして、姿勢もよいときは、
知らないうちにお腹にキュっと適度な力が入っているのでは?

反対に気持ちが萎えて、
なんとなく前屈みになってしまっているような時は、
お腹から力が抜けてしまっているのではないでしょうか?

お腹に力を入れるには、腹筋を使います。
でも、年齢とともに腹筋は衰えてしまいます。

下っ腹がポッコリと出てしまったり、
腹圧が弱くて便秘がちになったりするのも、
腹筋の衰えが原因のひとつにあげられるようです。

「腹を割る」まで腹筋を鍛える必要はありませんが、
健康的で快適な毎日を過ごすためには、
日頃から腹筋を意識して使うようにしたいものですね。

ただし、急に激しい体操をしては、
かえってコシなどを痛めてしまうこともあります。

それよりも、
毎日、家事や仕事をするときにおへその少し下辺りを意識して、
お腹をキュッと引き締めるようにしたり、
ゆっくりと腹式呼吸を繰り返したりするだけでも、
しっかりと腹筋を使うことができますよ。

もちろん、
簡単な腹筋体操もおすすめします。
テレビを見ながら、あるいは24時寝る前などに
少しずつやってみましょう。