ここでは石材店の賢い選び方についてご案内しています。

お墓の宣伝やチラシの注意事項


お墓の宣伝やチラシの注意事項
これからお墓探しをしようと考えているのでしたら、とにかくまずはお墓の基礎的知識を頭に入れておきましょう。
何の知識を持たないままお墓探しをしてしまいますと、思わぬトラブルを招いてしまうこととなります。 指定石材店というのは、その墓地の様子を熟知し、そして信用することの出来る業者ですので安心出来ます。
民営のお墓におきましては、墓石の加工工事だけではなく区画販売とセットとなっているケースも最近ではあります。

「一般墓地(1u)総額150万円」などといった宣伝文句を貴方も見たことがあるでしょう。
これはお墓の加工工事全般、そして墓地の永代使用料のセット販売で売りに出されていることとなります。

お墓のセット販売は墓石のデザインや刻字する文字数など画一化されていることもあるので、予めの確認が必要です。
この石材店におきましては具体的に建墓するという仕事、そしてアフターケアが主な仕事となります。




お墓の宣伝やチラシの注意事項ブログ:08 8 2017

一週間前、嫁と娘を連れて
おれは大阪へ行った。

11時間、嫁は用事があるため、
おれは娘といろんなところに遊びに行った。

お買い物に行ったあと、
おれ自身がどうしても行きたかった展覧会に
娘を連れて行く事にした。

それは、画家のモディリアーニと嫁ジャンヌの悲劇を
二人が描いた絵とともに紹介する展覧会だった。

モディリアーニはようやく絵が認められはじめた時に、
若くして病に倒れ、帰らぬ人となってしまうが、
嫁のジャンヌはその二日後に自ら命を投げ出してしまう…

そのジャンヌが、亡くなる直前に描いた、悲しいまでの数枚の絵。

この展覧会の話を知った時、
なぜかおれはジャンヌの最後の絵が
どうしても見たくなり、迷ったあげく、
この日足を運ぶことになったのだ。

娘は幸いなことに、会場に入っても、
ごにょごにょ囁いてくるだけで、静かにしていてくれた。

おれは足早に、二人の生い立ち、
出会いから順に並べられた絵と解説を見て回り、
ついに、そのジャンヌが描いた最後の絵までたどり着いた。

しかし、よく見る間もなく、
そこで娘が大声を出して泣き出したのである。

ああ、飽きちゃったんだなぁ…と思い、
一端、出口付近まででて、
娘をなだめ、ご機嫌になったところで、
もう一度、展示室まで戻った。

でも、やっぱり最後の絵の前までくると、
娘は大泣きするのである。

3回繰り返したが、同じなので、
おれは、絵を見るのをあきらめて外へでた。

こんなに惹かれてきたのに、
わざわざ何のためにここまできたのだろう…と
おれはがっくりと肩を落として会場を後にした。

大阪から帰ってきて、
我が家で娘と遊んでいる今、ふと、
おれはその時のことが思い出されてきた。

お墓の宣伝やチラシの注意事項

お墓の宣伝やチラシの注意事項

★メニュー

「使用権」を取得することを意味する
当然価格が異なる使用する区画の面積
いつ建ててもよいお墓
都市部では墓地不足が深刻
墓石がまだで墓地だけ手に入れている場合
「使用規定」がある公営・民営
墓地や埋葬等に関する法律を覚えておこう
民営に比べて安い永代使用料や管理料
誰にでも申し込むことが出来るお墓
お墓の宣伝やチラシの注意事項


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)THE まるわかりお墓ガイダンス